セット方法カテゴリの記事一覧

セットアップ方法など

バイク用ETC関連としてETCカードのセットアップ方法を書いています。

バックルを外して車載器本体のカバーを開くそうです。次にETCカードの端子面と車載器本体のカードソケットが触れるようにETCカードを入れるようです。

次に、カバーを閉じてバックルでカバーを固定するそうです。ETCカードを車載器に取り付け、エラーがないか確かめるようです。

盗難防止のために車やバイクに乗らないときはETCカードは抜き取る必要があるそうです。

注意点として四輪車用車載器は、車内設置を目的に作られているので、外気にさらされる二輪車では使用できないそうです。バイク用車載器があるそうです。

ETCカードには、カード保有者(支払者)情報が登録されているので、他のETC車載器付き二輪車や四輪車を利用した際に、同じETCカードで料金を支払うこともできるそうです。便利ですね。

ETCカードには有効期限があるそうです。現時点では二輪車はオフラインセットアップつまり、ネット上ではセットアップできず、セットアップ店に実際に行って行う必要がるそうです。

だたし、四輪のセットアップにはオンラインセットアップもあるそうです。
オンラインのほうが便利ですが、バイク用ETCではまだ無理なようです。

ETC車載器とゲート間では詳細なデータを瞬時に交信しているので、ちょっとしたことで二重課金などが発生する恐れがあるので、ETC通過のときは、20キロ以下、誘導線内を通る車間距離を開けるなど注意して通過する必要があるそうです。

バイク用ETCのセットアップ法などについて書きました。続きます。