車載器とID カード

バイク用ETC関連として、ETCについて書いています。

日本のETCシステムは全国統一規格のため、複数の規格に対応する手間とコストが必要ないそうです。車の持ち主以外が料金を支払うことができたりもするそうです。

しかし、車載器とID カードを分離しているので利用手続きがごちゃごちゃしてるようです。デメリットとしては、車載器が買い切り制のために導入にコストがかかるなどことだそうです。

ETC普及を阻害しているという批判はこの導入時の問題を指摘しているようです。

日本のETCシステムは経由地点の記録や料金所以外で課金できたりするようです。海外のETCシステムと比べて日本のETCは高機能になっているようですね。

渋滞が起こっている道路と比べて渋滞が少ない道路の料金を安くする取り組みは、渋滞の緩和を図ることを経由地点を記録する機能を使って首都圏で行われているようです。

すごく複雑なシステムのようですが、利用者にとっては良いですね。

バイク用ETC関連のことを書きました。